Research Objective


機械部材•部品に用いられる材料に必要とされる性能は様々です。本研究室では、金属、セラミックス、プラスチックに加え、異なる材料を組み合わせる複合化技術を駆使し、それぞれの材料単独では得られない特性を発現させ、多様化なニーズに応える機械材料の創出を目指し研究活動を行っています。現在は、CMC(Ceramic Matrix Composite)と呼ばれる航空機ジェットエンジン用材料や、自動車・航空機用の炭素繊維強化プラスチック(CFRP)といった高性能軽量材料を社会実装し低CO2エミッション•省エネルギーの実現に貢献します。そのために、特殊環境での実験技術、複合材料特有の複雑な破壊現象を理解するための計測技術の開発、CAEによるシミュレーションを行っています。また、材料の寿命や性能を予測するためにインフォマティクスや画像処理、機械学習を活用する試みにもチャレンジしています。


Research thesis


共同研究先の詳細はこちら