研究室概要

機械部材・部品に用いられる材料に要求される性能は様々です。本研究室では、金属(や合金、金属間化合物)、セラミックス、プラスチックに加え、これらの材料を巧みに組み合わせる複合化技術を駆使し、それぞれの材料単独では得られない特性を発現させ、多様なニーズに応える機械材料を創出すべく研究を行っています。特に、CMC(Ceramic Matrix Composites)と呼ばれる航空機ジェットエンジンのタービンブレード用材料、自動車・航空機・インフラ構造物に用いられる炭素繊維強化プラスチック(CFRP)といった高性能・軽量材料の強度発現メカニズムや複雑怪奇な物理的損傷•破壊、化学的劣化の過程を定量的に理解し、社会実装を加速させるべく研究を行っています。そのために、特殊環境での実験技術・評価解析、複合材料の製造プロセスや複雑な破壊現象を理解するためのハイスループット計測、CAEによる応力•ひずみの解析や材料プロセスのマルチフィジックスシミュレーション、部材の寿命や性能予測に向けマテリアルズインフォマティクスや画像処理、機械学習を活用する試みに取り組んでいます。

長期的な視点に立ち、既存材料の限界を超えた新たな機械材料を生み出す基礎研究も行っています。既存の枠組みに囚われない新しい発想が必要であり、材料力学や破壊力学、損傷力学だけでなく、熱力学や流体力学、情報科学といった分野横断的な取り組みを行っています。

 

研究内容の詳細はこちら





ニュース・お知らせ

  • JSPS第124委員会第169回研究会(@早稲田大学)にて井上が招待講演を行います. (2022.8.5) Update!

  • 当研究室で取り組んでいる研究テーマがNEDOの官民による若手研究者発掘支援事業に採択されました. (2022.7.15) Update!
  • 耐熱複合材料・コーティングの高度化に関する研究会の2022年第1回ワークショップを開催しました@東京理科大学葛飾キャンパス (2022.7.8)Update!
  • 富山大学にて開催予定の2022年度日本機械学会年次大会にて井上(PI)が講演します. (2022年9月)

  • 徳島大学にて開催予定の2022年度日本セラミックス協会秋季シンポジウムにて研究発表を行います(井上(PI), M2清宮, M2丸茂, M1小泉, M1小出, M1皆川) (2022年9月)

  • 沖縄市民センターにて開催予定の日本機械学会ICM&Pにて研究発表を行います(M1小泉, M1小出, M1當間, M1皆川) (2022年11月)

  • 井上(PI)が4/5に開催された日本溶射学会第2回関東支部講演会で講演しました. Update!
  • (EventM2 6名, B4 8名が修了•卒業し, 葛飾キャンパスにて行われた学位授与式に参加しました.卒業おめでとうございます! (2022.3.19) Update!
  • 日本機械学会 関東学生会 第61回学生員研究発表講演会にてB4 小出が研究発表を行いました. (2022.3.14) Update!
  • 新B4 9名が研究室に配属されました. 1年間よろしくお願いします. メンバーを更新しました. (2022.2.28)
  • 卒業論文審査会(B4:8名)、修士論文審査会(M2:6名)が無事終了しました. (2022.2.21)

Link to 過去のニュース

Link to 学会での講演予定

Link to 研究会関連

最新の学術論文など

  • 丸茂君(M2), 小出君(M1)の研究をまとめた論文がJournal of the European Ceramic Society誌(Elsevier)に受理されました.(2022.6.13) Update! https://doi.org/10.1016/j.jeurceramsoc.2022.06.040
  • 井上(PI)の論文がMaterials Research Express誌(IOP publishing)受理されました. (2022.5.13) Update! https://iopscience.iop.org/article/10.1088/2053-1591/ac6fbc/pdf
  • 石岡君 (2022.03修了)の研究成果がJournal of Materials Science誌(Springer)に受理されました. (2022.3.27) https://doi.org/10.1007/s10853-022-07144-5 Update!
  • 桑野君(2022.03修了)の研究成果がJournal of Japan Institute of Light Metalsに受理されました. (2021.12.28) 
  • 研究成果がInternational Journal of Applied Ceramic Technology(Wiley)誌に受理されました. (2021.10.6)
  • 研究成果がCeramics International誌(Elsevier)に受理されました(2021.8.5)

研究成果の詳細はこちら