CFRPに関する研究


炭素繊維強化プラスチック(CFRP)は航空•宇宙産業において重要な役割を果たしてきましたが、その高精度化と同時に自動車、インフラ産業へと用途が拡大されつつあります。また、CFRP部材同士をつなぎ合わせる接合技術の確立も急務となっています。

本研究室では従来よりも層厚さが薄い薄層プリプレグを用い構造設計自由度の高いCFRPの機械的特性や長期耐久性の評価を行っています(NIMSとの連携)。他にも、電線用の捻り構造を持ったCFRPの力学応答の有限要素シミュレーションや熱可塑CFRPの超音波溶着の技術開発(JAXAとの連携)に取り組んでいます。



研究テーマ例)

1) 薄層CFRPの機械的特性の評価とFEMシミュレーション (NIMSとの共同研究)

2) CFRPロープの長期耐久性評価、変形・破壊シミュレーション及び構造最適化

3) 光造形型3Dプリンターを用いたプラスチックラティスの機械的特性評価