研究目的


機械部材・部品に用いられる材料に要求される性能は様々です。本研究室では、金属(合金、金属間化合物)、セラミックス、プラスチックに加え、これらの材料を巧みに組み合わせる複合化技術を駆使し、それぞれの材料単独では得られない特性を発現させ、多様なニーズに応える機械材料を創出すべく研究を行なっています。特に、CMC(Ceramic Matrix Composites)と呼ばれる航空機ジェットエンジンのタービンブレード用材料、自動車・航空機・インフラ構造物に用いられる炭素繊維強化プラスチック(CFRP)といった高性能・軽量材料の強度発現メカニズムや損傷•破壊の過程を理解することで、これらの新材料の社会実装の加速に寄与します。特殊環境での実験技術・評価解析、複合材料の製造プロセスや複雑な破壊現象を理解するための計測技術の開発、CAEによるシミュレーション、部材の寿命や性能を予測するためにインフォマティクスや画像処理、機械学習を活用する試みにも取り組んでいます。

既存の限界を超えた新たな機械材料を生み出す試みにチャレンジしています。材料を生み出す過程では、複雑怪奇な現象を利用するために材料力学のみならず流体力学、熱力学、情報科学といった複数の学問体系を横断した取り組みが必要であり、従来の枠組みに囚われることなく、新しいことにチャレンジしていきます。



現在研究室で取り組んでいる修士論文・卒業論文の研究テーマ(各課題名をクリックすると詳細を見られます)


井上研究室では産学官連携に積極的に取り組んでいます。

共同研究先の詳細はこちら