研究概要

本研究室では、ジェットエンジンをはじめとする高温構造材料•コーティングや自動車•インフラ構造物に用いられる軽量複合材料を対象に研究を行っています。研究室で行っている研究は、

 

(1) 新しい材料を生み出す基礎研究

(2) 材料の特徴量の計測•評価技術

(3) 開発した材料が「使える材料なのか」を検証する実用的研究

に大別されます。

 

基礎研究においては、これまでの材料では難しかった機械的性質(強度や靭性)、熱的特性(熱伝導、熱膨張)を発現させることを目標としています。材料の設計やプロセスに計算熱力学やマルチフィジックスなどを活用しています。

 

計測•評価技術の開発においては、高温で生じる現象を直接捉えるための光学系を構築したり、トモグラフィーと画像処理、深層学習や機械学習を用いて材料固有の特徴量を抽出したり強度を予測する研究を行っています。また、材料試験から効率よく情報を得るためのハイスループット計測技術の開発や、材料の変形や破壊を定量的に理解するための4Dでの計測•可視化技術するための研究にも着手しています。

 

実用的研究では、疲労やクリープといった部品として重要な寿命や信頼性を評価したり、タービンや再突入環境といった特殊な実使用環境を模擬し、材料の振る舞いや劣化現象を解明することに取り組んでいます。マルチスケール有限要素解析、化学反応を考慮した解析など、シミュレーションも用いて、実験と解析を組み合わせた研究を展開しています。



現在の修士•卒業論文の研究テーマ



機械工学科3年生の方へ

見学等は随時受け付けています。inoue.ryo[at]rs.tus.ac.jpにお気軽にご連絡ください。

(研究室見学の際、よく受ける質問についてはこちらにまとめます)

本研究室の研究内容に興味をお持ちの方へ

井上研究室では産学官連携に積極的に取り組んでおります。技術相談、共同研究等、さまざまな形での連携が可能です。

inoue.ryo[at]rs.tus.ac.jpにお気軽にお問合せください。

共同研究先の実績はこちら